車 ランキング

 更新日:2014/12/19

カーローンにも色々種類がある事を知りましょう


車を買うのに資金を一括して用意出来ない場合はローンなどを組むという事を考える人も多いと思いますが、その時に利用出来るのがカーローンなどの自動車などに適用される事を考えられたローン商品だと言えます。一般的なローンとの違いはあまりなく唯一違うとしたらその名称の通りに車などへの資金としてしか使えないという事が上げられ、更には目的が限られている為か一般的なローンと比べても低金利だという事が言えるのです。

取扱い会社によっても多少の違いはありますが、用途は車だと厳格に決められている分けではなく規定によってはバイクや船舶にも使える事があるのでその辺は事前に調べておくとより使い易いと言えます。この様にしてカーローンは多くの会社で商品として出されてはいますが大きく分けると二つの分類が可能であり、一つは銀行と言った大きな会社が出資している物でより金利面での恩恵を受けられる物と、信販会社等が扱う様なタイプでこちらは審査が通りやすい事が受けてやはり多く取り扱われています。どちらもそれぞれ長所と短所を併せ持っているのですが、結局は利用者の状況によりそれも有利不利が分かれてきますので必ずしもどちらが良いとかは言えない様です。またこう言ったカーローンを使う場合は頭金の存在も忘れてはならず、出来るなら全額を借り入れるよりもある程度の計画性を持った上で利用するのが正しい方法であり、頭金もそれらを計算した上で支払うと後で助かる事になります。



ETCパーソナルカードって?


ETCカードは持ちたいけれど、クレジットカードは持ちたくない、申込んでも審査に通らないという方でもETC走行が可能なカードが、ETCパーソナルカードです。

ETCカードとはクレジットカードの追加カードとして発行されるものなので、クレジットカードの審査に通らなかったり、クレジットカードそのものが好きではないといった方はETCカードをあきらめている方も多いのでは。しかしETCパーソナルカードは、デポジット(保証金)を預託することにより、高速道路のETC走行が可能になりるのです。

申し込みをした後、デポジットを預託します。するとそれが担保となり、ETC走行ができるようになります。通行料金は、ゆうちょ銀行や銀行の預貯金金口座から1か月ごとの引き落としとなります。ただここで間違ってはいけないのは、デポジットはあくまで担保であり、プリペイドカードの前払い金のように、通行料金の支払いに充てることはできないということです。

デポジットの金額は高速道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額の4倍、または年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額のいずれか高い額。平均利用月額が5,000円未満の場合であれば、5,000円で切り上げて5,000円×4倍=20,000円となりますが、年間最高利用月額が48,000円だとすると20,000円単位で切り上げて60,000円となり、いずれか高い金額ということで60,000円のデポジットが必要になります。 さらに、12,000円の年会費も必要です。

http://www.oakshotelburnley.co.uk/


審査が緩いカードローンについてです


様々な貸し付けサービスがありますが、利用者からの評価が高くて人気を得ているのは、カードローンです。カードローンの特徴は、保証人と担保を必要としない事が挙げられるので、気軽に資金を調達する事が可能となっています。また、大抵の金融機関は年会費と入会金が無料となっており、気軽に契約を交わす事ができます。融資条件に関しては、各金融機関で違いがあるので、それぞれを比較し検討をしてから契約書に判を捺さないといけないです。カードローンを利用する為には、申し込みをして審査に合格をする必要があります。審査とは言いましても厳しくないので、安定した収入が見込める方であれば、高い確率で合格できます。審査に通過をして契約を結びますと、ATMで使用する事になるキャッシュカードが支給されます。ATMを利用する事のメリットは、一日中に渡って金銭を借りれる事が挙げられます。故に、突然の出費が生じたとしても、迅速に対応する事が可能です。ただし、手軽に借りれるからといって、必要のない金銭まで借りると、利息の負担が多くなるので注意が必要となります。必要最低限の金銭だけを借りる事が、返済で苦労をしない為のポイントです。カードローンは非常に便利なサービスとなるので、利用規約を厳守して上手く活用する事が重要となっています。返済期限を厳守しないと延滞金を支払って、余計な負担を被る事になるので、注意をしなければならないです。この事を意識しておけば、有意義にサービスを活用できます。

カードローン 審査